結婚相談所JBiは低価格でエグゼクティブな大阪の結婚相談所です!

ブログ

お知らせ Archive

婚活あるある:お見合いは受け側優位?

婚活は精神的に辛いものが有るとお話したことが有りますが、その一つに、「申込側」が「受け側」より低くみられると思い込んでらっしゃる人が多いからではないでしょうか?

確かに「受け側」からお断りのお返事がくると、「申込側」としては何となく振られてしまった感が残ってしまいますし、人権を否定されたとまで思ってしまう人もいるようですが、これはあくまで、その方とご縁が無かったまでに過ぎません。

恋愛と違って恋したお相手にプロポーズをするのではなく、ご縁が有る方かどうかお見合い機会のお尋ねをする段階ですから、振られたことにはなりません。

もう一つ勘違いするお見合いのルールが有るのですが、「申込側」はお見合いの日時や場所を決める際に「受け側」の希望を優先する必要が有ります。この辺りももしかすると「申込側」としては下に感じる要因かもしれません。

でもこれもまた、お見合い日程調整をスムーズにするための相談所側の勝手なルールに過ぎません。

それを踏まえたうえで、本題の「お見合いは受け側優位?」について考えてみたいのですが。

皆様も「受け側が優位」と思われてる方が多いと思いますが、それは前述の通り「恋愛の時のプロポーズ」の立場と勘違いしてるからではないでしょうか?

お見合いの時の「申込」はご縁が有るかどうかのお伺いの段階でプロポーズではありません。

従って「受け側」の優位性は全くこの段階ではありません。

現にお見合いした翌日に、交際したいかどうかのお返事をするのですが、「受け側OK」にもかかわらず「申込側NO」のお返事も沢山あります。

それよりも、多くの会員の中から自分の意思でお相手を選んだ「申込側」の方が、他の会員とあまり比較もしないままにお受けする「受け側」よりもある意味かなり優位だとは言えないでしょうか。

いずれにしましても、お見合いは積極的にお申込をされた方が圧倒的に早く卒業(ご成婚)されています。

従って、婚活はモテプライドを捨ててポジティブ思考でご活動頂く事が何より優位にことが運ぶとお考え下さい。

頑張ってください!!

婚活で結婚を決めるタイミング

恋愛の二人は、出会った時からドキドキ感が先行しています。そこにいろんなシチュエーションを経て安心感がプラスされたときに結婚への秒読みが始まるかも知れません。

一方結婚相談所でスタートしたお見合い交際は、恋愛みたいに最初からドキドキ感を求めるのは難しいと思います。

中にはお見合いの席上で一目惚れして、恋愛と同じように最初から盛り上がる人もいるようですが、それはどちらかというと少数派だと思います。

殆どの方がプロフィールカードで内容を確認して、条件的にはマッチしているからとりあえず交際をさせて頂いた、これが本音のところだと思います。

でも、恋愛よりもお見合い交際の方が安心感を実感できるのは数段早いと思います。何故なら、交際の目的が最初から結婚前提だと分かっていること、プロフィールの内容も肝心なところは公的資料で確認が出来ていること、後はフィーリングと基本的な考え方が確認できれば安心感が確信に変わります。

そしてそこに、違和感のないなフィーリングと少しのドキドキ感が加わってくれさえすれば、間違いなく結婚が見えてきます。

2~3年交際してみないとお相手のことがよく分からないとおっしゃる方も多いのですが、お相手の全てを知ろうとすると2~3年ではとても不可能です。その前に倦怠期がやってくるかも知れません。

恋愛のようなズルズル感は結婚に関してはお互いを不幸にする場合が多いのです。

いかがでしょうか?

婚活で結婚を決める大事なポイントは安心感が感じられた時、その時が結婚のタイミングです。

頑張ってください!!

 

 

新元号「令和」になった今、婚活を見直そう

新元号「令和」がスタートしました。

新しい元号を迎えて、「こんどこそは!!」と意気込みを新たにされる方も多いかと思いますが、できれば「いつまでに」「どうやって」「なにを達成する」かを具体的に計画して頂くことで、日々の目標、最終目標達成のための道筋がはっきりと見えてくるのではないでしょうか!

婚活されている方は、昭和・平成・令和と3つ目の元号を迎えられた方も沢山いらっしゃると思います。(これぞまさしく平成ジャンプとデリカシ―の無い事を言う人もいる中)焦らず、しかし気を緩めずにしっかり頑張ってらっしゃるとは思いますが、新しい元号を迎えた今、もう一度「いつまでに」「どうやって」「成婚する」のかを見直されてはいかがでしょうか。

出来れば、結婚相談所のカウンセラーに「いつまでに」「どうやって」「成婚するか」ご自分の考え方を聞いて頂き、意見を貰うのも大事なプロセスかも知れません。

実は、カウンセラーはどうしたら皆様のご成婚が早まるかを知っています。

後は、あなたがその言葉に耳を傾けて頂けるかどうかにかかっています。

新たな気持ちで、一緒に頑張りましょう!!

 

 

婚活あるある:当り前のことを当り前と思ってはいませんか?

お見合いのお茶代を男性が払う際に、「ありがとうございます。御馳走様でした。」とちゃんと言える女性は間違いなく印象が良い!これって言うまでも有りませんよね。

当り前のことを当り前と思わず、ちゃんとお相手に感謝する・・・最も大切な婚活の基本です。

最近は割り勘が当たり前の時代だけど、「男性がお見合いのお茶代までも割り勘にして失敗した」ってお話を以前にしたことが有りますが、女性も逆の立場で失敗している方が沢山いらっしゃいます。

お茶代は男性が奢ってくれるのが当たり前!!の態度になってしまっている女性が結構いるんです。

デート中の男性が勘定を済ませて店から出てきた途端に、女性が「これからどうする?」って切り出す光景をみかけたことありませんか?

きっと男性は、「お金出せとは言わないけどお礼ぐらい言えよ!」「たまには私も出しましょうかって言えんか!」と思っているに違いありません。

そうなんです!当り前を当り前と思ってはダメなんです。

少なくとも、奢って頂いた感謝の気持ちは態度で示しましょう。場合によっては割り勘以上に効果があります。

そしてもっと大切なのは、その気持ちを継続すること。「少なくとも結婚するまでは変わっちゃダメ(笑)」

お茶代に関わらず、どんな場合でも「当り前のことを当り前と思わない」を忘れないでください。

お見合い写真は命!!

お見合い写真は命です!!

だから少しくらい高くてもプロのカメラマンにお願いしましょう!

一昔前はプロのカメラマンに頼むのは女性だけでしたが、最近は男性でも半分以上の方がプロに頼んでいます。

男性も爽やかさ、清潔感が重要なんです。

男性だと、好印象ヘアメイク、ポイントメイク、スタジオ撮影、写真選択、簡易レタッチ、L版印刷、CD-R付きワンポーズで、10,000円~13,000円

女性だと、ヘアセット、フルメイク、スキンケア、眉カット、スタジオ撮影、簡易レタッチ、L版印刷、CD-R付きワンポーズで、14,000円~16,000円

このくらいは必要かと思います。

出来れば、冬バージョンと夏バージョンで変更頂くのがベターです。

これで間違いなくお見合いの確率が変わってきますので、結果、決して高くは無いと思います。

ただ、ご注意頂きたのは、いかなデジタルの時代だからといって、加工はしてはいけません。

お見合いは決まっても、お見合いの席上でお相手の顔色が変わり、下手すると後々クレームになる可能性が有ります。

あくまでも、簡易なレタッチに止めておいてください。(笑)

それと、お見合い当日は写真に負けないおしゃれを心掛けて下さい。

よろしくお願い致します。

 

100人目と1人目のご成婚!?

凄くユニークなカップルが現れたので皆様にご報告させて頂きます。

それは、100人目と1人目のご成婚です。

ん? ・・・なにそれ?・・・つまり、

男性はなかなかゴールインできず、今回の相手が100回目(本当は96人目ですが、四捨五入しました)のお見合いでした。

一方、女性はというと、ご入会して2~3日しか経っておらず、今回が初めてのお見合いでした。

その二人が、お見合いから6ヶ月、とんとん拍子にことが運び、この度目出度くご婚約されたのです。

婚活では、6ヶ月間の交際でご婚約に至るのは極々普通ですが、100人目と1人目がゴールインするのは、20年のカウンセラー経験の中でも大変珍しい事なんです。

お二人の出会いで今更ながらに思うことは、「婚活は決して諦めてはダメ」だということ。

そして、婚活は面倒だと考えている人がいるかも知れませんが、今回みたいに「簡単にコールインできる人もいる」ということ。

カウンセラーの私でさえ再認識させられました。

飛鳥時代(大化)から始まった247番目の元号(平成)もあと1ヶ月で終わろうとしています。平成に入り少子化や人口減が問題視される中、今や平成生まれ世代が婚活の中心となろうとしています。

平成生まれの諸君! 平成が終わると感傷に浸っている場合ではありません。積極的に婚活に取り組んで元気な日本を創っていきましょう。

JBi はそんな皆様を親身にバックアップして参ります。

よろしくお願い致します。

結婚相談所で婚活最短のご成婚を目指すには!!


 




結婚相談所で婚活最短のご成婚を目指すなら、事前の準備とちょっとした心構えが必要です。

1.まず、入会のご相談に行く前に本籍の有る市役所で独身証明を準備しておきましょう。

  (ご自分で準備するのが億劫なら、相談所に依頼しましょう。)

2.目ぼしい相談所といくつかアポを取ったら、日を開けずに面談してください。結婚相談所のデータは、殆どが同じ協会や連盟のデータを共有していますので、費用とサービス内容とカウンセラーとの相性をチェックしたら迷わず入会しちゃいましょう。

3.1週間程度で登録が完了しますので、登録されたご自分の内容をチェックした上で、即、お相手検索を始めます。

4.お見合いのお申込は、週5件以上(月20件以上)を目途にお申込します。一人ずつお返事を待っているとアッという間に時間が過ぎてしまいます。お見合いはマルチで行いましょう。

5.お見合い翌日には交際したいか否かのお返事をします。お互いOKであれば、交際成立となります。

6.交際がスタートしたらその夜に男性よりファーストコールして頂きデートの約束をしてください。

7.デートは週2~3回のペースでお願いします。同じシチュエーションでは本当の相性が分かりません。お酒を飲んでみたり、映画を観たり、アウトドア―を楽しんだり、色んな場面を試してみましょう。

8.お互いの気持ちが前向きになったら、2~3ヶ月を目途にできるだけ早く両方のご両親にお会いしましょう。堅苦しく考える必要は有りません。デートの帰りにちょっと寄ってみました・・程度で結構です。

9.後日ご両親の感想をさり気なく確認したら、一気に婚約発表へカウントダウンです。

10.お相手へのプロポーズ➡両家へのご挨拶➡結婚相談所への報告➡ご成婚退会

お見合い日程調整の勿体ないお話し

男性(お医者さん)に、女性(OLさん)からお見合いのお申込をして、目出度くお見合いが成立しました。

この段階では、女性も大変喜んで、日程調整に入ったわけですが、お相手のスケジュールが合わず、1週間が過ぎ、2週間が経ち、ついには1ヶ月になろうとしています。

流石にこの段階で、女性は少々不安になってきます。「私とはお見合いしたくないのでは・・・・・」

痺れを切らして、自分の担当カウンセラーを通じてお相手に催促して頂くようにお願いしました。

すると、2~3日経って男性から「今月は忙しいので、来月になって改めて日程調整させてください。」とちょっと寂しいお返事が返ってきました。

男性から積極的に日程の提示が有るものとばかり思ってた女性は、こちらから催促したあげくがこの返事かと、かなりムッとしたようです。

我慢できずに担当カウンセラーに「お相手は本気でお見合いする気が有るのですか?もしいい加減な気持ちなら、お見合いは中止にしてください。」と言ってしまいました。

これを受け、お相手カウンセラーに再度お願いするも、状況は変わらず、女性会員は「もう結構です。お見合いは中止にしてください。気分悪いので退会します・・・」

結局、よからぬ方向へと発展してしまいました。

皆さんはこれを聞いてどう思われますか。

お相手はかなり条件の良いお医者さんだし、職業柄ご多忙なのは分かるけど、こんな誠意の無さはどうかと思います。

という一方で、お相手にも都合が有るのだから、1ヶ月ぐらい待ってあげてもよさそうなもの。

と思う方もいらっしゃるかも知れません。

ただ言えることは、こういう時こそ、ご自分のキャパシティが試されると思ってください。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

結婚相手を選ぶ優先順位(経済力?優しさ?)

入会面談させて頂く時に、必ずお相手を選ぶ優先順位をアンケート調査させて頂いております。ご協力よろしくお願い致します。

その中で、1位と2位に選んだ人を集計してみたところ、現時点での結果は以下の通りとなりました。

現時点では、女性は圧倒的に、価値観と経済力でお相手を選ぶという結果が出ています。

1位:価値観66.7%(内、1位48.5%)

2位:経済力56.9%(内、1位32.0%)

3位:優しさ41.7%(内、1位20.8%)

4位:包容力33.3%(内、1位11.1%)

5位:外 見16.7%(内、1位5.5%)

因みに男性の方は価値観と外見プラス優しさとなっています。

1位:価値観64.7%(内、1位41.2%)

2位:外 見52.9%(内、1位23.5%)

3位:優しさ52.9%(内、1位23.5%)

4位:包容力29.4%(内、1位17.6%)

5位:経済力0.0% (内、1位0.0%)

男女共、価値観の重要性を感じているようですが、価値観がぴったり合う人はまずいないでしょうから、いかにお相手の価値観を理解してあげられるかがポイントになりますね。そのためには、フィーリングが合った相手でなければならないと思われます。だってフィーリングが合ってる相手でないと譲歩し難いですもんね。

又、外見や優しさも、フィーリングが合えばあばたもエクボで、自然と優しくふるまえると思われます。

問題は、経済力ですが、現時点の年収ではどうしても不安がある場合に、その方とのお見合いをお断りするかどうか・・。

まずは、結婚当初の生活水準を、ご自分の年収とお相手年収を足して想像してみてください。

次に、5年後10年後にどのくらいの年収になるか予想するために、

彼の今のポジションと、将来に向かってどのような努力をしているか、それが身を結べばどのレベルに達するかを想像してみて下さい。

要は、今の年収にとらわれず、将来どうなるのか、どうしたいのか、二人で語り合えるかどうかです。

そこから未来が見えてきます。

以外だったのは、包容力が男女とも4位と低かったことと、女性の外見で選ぶが5位だったことです。

婚活は花より団子ということでしょうか。

 

 

 

 

婚活スタート時に陥りやすい事例

悩みに悩んでスタートした婚活

多額の入会金を払って結婚相談所に入会した方もいらっしゃるかと思いますが、

婚活は、入会すれば後は、ベルトコンベアー方式で成婚退会できる訳ではありません。

そこで、入会してすぐに陥りやすいポイントをお話しておきます。

1.プロフィールカードを登録したのに良い条件のお相手からお申し込みが来ない。お申込が来るのは、うーん・・・て方ばかり。

A)10人中10人がまずこのお悩みを打ち明けてきます。ご入会前にも申し上げたと思いますが、条件の良い方は、お申込が沢山来ますので、どうしてもその中からお見合い相手を選んでしまいがちです。従って、条件の良い方には、ダメもとでもいいから、積極的にお申込しないと、ライバルに先を越されてしまいます。

2.カウンセラーからのご紹介を期待してるのですが・・・。

A)勿論カウンセラーは極力条件の良い方をご紹介していこうと努力していますが、あなたのご希望に添える人かどうかを分析しなければなりません。そのためには、まずあなたから積極的に理想のお相手にお申し込みをして欲しいのです。それで上手くいけば万々歳ですし、もし上手くいかないようであれば、お申込した内容と、あなたがお断りした内容を分析して、的確なご提案をしていきたいと思っています。

3.10人ほどお申込したのですが、全部お断りされました、私は婚活に向いてないのでは。

A)お断りされるのはショックですよね!自分を否定されたような虚しさを感じますよね!でも、これってあなただけではなく、全員が感じる第一関門なのです。決してあなたが否定された訳ではなく、ただ単にお相手とはご縁が無かっただけのこと、これからが勝負ですよ!カウンセラーに何故上手くいかなかったのか、しっかり確認しながら次に繋げましょう。

 

 

 

お電話でのお問い合わせ
06-4797-6646
メールでのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
  • サンプル版お試し検索
  • 実在版無料お試し検索
入会についてのお問い合わせ
エグゼクティブコース
スタンダードコース
ナイスミドルコース
パーティー会員
結婚相談所で婚活するポイント
婚活すべきか悩んでらっしゃる方へ
結婚相談所で婚活をするにあたってギブアップしない為の心構え
  • 失敗しない結婚相談所での婚活
  • 独立開業支援
  • 結婚相談所の豆知識
  • 結婚相談所JBiの人気の秘訣
  • 結婚相談カウンセラーのTweets
  • おあいてネットログイン
  • MCSA
  • IMS 結婚相手紹介サービス業認定制度 認定証
結婚相談所JBi(大阪)
大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル12階22号
TEL:06-4797-6646 Mail:of@jbi-fm.com
定休日:火・水曜日 営業時間:10時~18時
Copyright(C)婚活するなら大阪・梅田/京都/神戸でおすすめの結婚相談所 JBi All Rights Reserved.